確実にバイクが気になりだす情報集

バイクに乗る時のマナーについてです。騒音に注意すること、すり抜けの時に注意、交通ルールは守ることが大切です。

RSS 2.0

バイクに乗る時のマナーについて

バイクに乗る時は運転マナーも大切です。

バイク好きの人はエンジン音などもあまり気にならないものですが、バイクに全く興味がない、どちらかというと嫌いだという人はバイクのエンジン音はもう騒音にしか思えないという声があります。

バイクのマナーを知っておき、気持ちよくバイクを乗りましょう。

◎騒音に注意

バイク1台がアイドリングをしているだけで、気になる人はものすごく気にします。

普段バイクを乗っていない人にとっては、とてもうるさい物なのです。

特に夜はエンジン音が響きますので十分注意が必要です。

ところ構わずエンジンをふかすとご近所トラブルに発展しかねませんので住宅街に住んでいる場合は家の前でエンジンをかけない、少し離れたところまで押して行って、そこでエンジンをかけるようにすると良いでしょう。

◎すり抜けはして良いの?

渋滞している車の列の間をすいすいとすり抜けて行くバイクを見て、うらやましいと思ったことはありませんか。

車の間をすり抜けること自体は交通違反ではありませんが、やり方によっては交通違反となることがあるので注意してください。

例えば車の間をすり抜ける時は必ず右側から追い越すのが決まりです。

車が道路の真ん中から右側に寄っている時は左側から追い越します。

渋滞している車の左側をすり抜けるというのは交通違反とみなされます。

◎交通ルール遵守のこと

バイクは車とはまた違った魅力があります。

その一つが景色や車体との一体感で、そうした魅力をより感じる事の出来るおススメ車道というものもネットではよく紹介されています。

《参考》バイクロード100選…【バイク王】公式サイト バイクのことならバイク王

また、スピードに乗って風を切って走るのも醍醐味でしょう。

しかし一体感を求めるあまりにスピードを出しすぎて、交通ルールを守らずに好き勝手に運転していては自分自身や周囲の人たちを危険な目に合わせることになります。

交通ルールを遵守して走ることは最低限のマナーなのです。